安藤忠雄による美術館とホテルが一体となった施設。

ベネッセハウス ミュージアム

カフェレストラン

ベネッセハウス ミュージアムは、「自然・建築・アートの共生」をコンセプトに、美術館とホテルが一体となった施設として1992年に開館しました。瀬戸内海を望む高台に建ち、大きな開口部から島の自然を内部へと導き入れる構造の建物は、安藤忠雄の設計によるものです。 絵画、彫刻、写真、インスタレーションなどの収蔵作品の展示に加え、アーティストたちがその場所のために制作したサイトスペシフィック・ワークが恒久設置されています。アーティストたちは自ら場所を選び、作品を制作しています。作品は展示スペースにとどまらず、館内のいたるところに設置され、施設をとりまく海岸線や林の中にも点在しています。直島の自然に向き合った、または建築に触発された作品など、美術館の内外に点在するサイトスぺシフィック・ワークと合わせて、自然とアートと建築が融合する稀有な場をつくりだしています。

ベネッセハウス ミュージアム
写真:大林直治

所在地 香川県香川郡直島町 琴弾地
開館時間 8:00〜21:00(最終入館20:00)
休館日 年中無休
アクセス
■フェリーの発着所である宮浦港から、家プロジェクトのある本村地区を経由し、つつじ荘までの間を運行しています。つつじ荘から先は、ベネッセアートサイト直島エリアです。つつじ荘から先は徒歩もしくは「ベネッセアートサイト直島場内シャトルバス」をご利用ください。

公式サイトへ Loadingお気に入り クチコミを書く