国宝・世界遺産姫路城の特別史跡地内にある赤レンガの美術館。

姫路市立美術館

公園
姫路市立美術館

明治時代の建物 (明治末~大正2年建築・旧陸軍第10師団の兵器庫、被服庫) を活用した姫路市立美術館は、世界文化遺産・姫路城の東隣にあり、緑の芝生に囲まれた赤レンガの建物はとってもおしゃれです。夜間はお城と共にライトアップされ、昼間と異なった景観を見せています。また敷地内には彫刻などが配置され、散策しながら、芸術鑑賞を楽しむことができます。美術館の建物は、第1回兵庫県みどりの建築賞(昭和60年)や環境色彩10選公共の色彩賞(昭和63年)を受け、平成15年には国の登録有形文化財になりました。

郷土ゆかりの美術をはじめ、国内外の近現代美術の名品を収集し、現在は絵画、彫刻、写真、ポスター、工芸、刀剣など4200点余りの作品を所蔵しています。コレクションギャラリーでは無料で多様な所蔵品をご紹介するほか、庭園には13点の屋外彫刻、また國富奎三コレクション室ではコロー、ピサロ、モネ、ルオー、ユトリロ、マティスなどのフランス近代美術の名品を常設展示しています。企画展示室では、国内外の優れた美術を紹介する特別企画展や公募展「姫路市美術展」など多彩な企画を繰り広げています。

写真提供:姫路市

所在地 兵庫県姫路市本町68-25
開館時間 10時~17時(入館は16時30分まで)
休館日 月曜日(祝日・休日の場合は翌平日)、年末年始
備考 館内改修のため、2020年1月27日から4月24日まで休館。
アクセス
・JR「姫路駅」徒歩約20分
・神姫バス(7)または(8)乗り場から[3,4,5,61,62,64,81,82,84,86番]乗車約8分、
「姫山公園南・医療センター・美術館前」停留所下車すぐ。

公式サイトへ Loadingお気に入り クチコミを書く