没後70年 吉田博展

《日本アルプス十二題 劔山の朝》 大正15(1926)年

木版、紙 37.0×24.8cm

東京都美術館

没後70年 吉田博展

木版画で世界に挑み続けた画家、吉田博
明治、大正、昭和にかけて風景画の第一人者として活躍した吉田博(1876-1950年)。福岡県久留米市に生まれた吉田は、若き日から洋画に取り組み、幾度もの海外体験を通じて東西の芸術に触れながら、自然に向き合った厳しい写実による質の高い絵画表現を確立しました。 油彩画、水彩画の分野で才能を発揮した吉田は、画業後期にはじめて木版画に挑戦し、新たな境地を切り開きます。深山幽谷に分け入り自ら体得した自然観と、欧米の専門家をも驚嘆させた高い技術をもって、水の流れや光の移ろいを繊細に描き出しました。 画家の没後70年という節目に開催する本展は、初期から晩年までの木版画を一堂に集めるとともに、版木や写生帖をあわせて展示し、西洋の写実的な表現と日本の伝統的な版画技法の統合を目指した吉田博の木版画の全容を紹介します。

《瀬戸内海集 光る海》 大正15(1926)年 木版、紙 37.2×24.7cm

《冨士拾景 御来光》 昭和3(1928)年 木版、紙 25.0×37.5cm

《印度と東南アジア フワテプールシクリ》 昭和6(1931)年 木版、紙 37.9×24.9cm

《印度と東南アジア タジマハルの朝霧 第五》 昭和7(1932)年 木版、紙 36.2×51.0cm

《陽明門》 昭和12(1937)年 木版、紙 37.9×24.8cm  

 

■ 展覧会公式サイトはこちら  

 

会期 2021年1月26日(火)− 3月28日(日)
会場 東京都美術館 企画展示室
開室時間 9:30−17:30(入室は閉室の30分前まで)
休室日 月曜日
観覧料 一般 1,600円/大学・専門学校生 1,300円/高校生 800円/65歳以上 1,000円
※中学生以下は無料(証明できるものをご持参ください) 
※身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳をお持ちの方とその付添いの方(1名まで)は無料(証明できるものをご持参ください)
問い合わせ 03-5777-8600(ハローダイヤル)
アクセス
・JR上野駅 公園口 徒歩7分
・東京メトロ銀座線・日比谷線上野駅 7番出口 徒歩10分
・京成電鉄京成上野駅 徒歩10分