• TOP
  • 記事
  • ニューヨークが生んだ伝説の写真家 永遠のソール・ライター

ニューヨークが生んだ伝説の写真家
永遠のソール・ライター

ソール・ライター 《薄紅色の傘》 1950年代、発色現像方式印画

ⒸSaul Leiter Foundation

Bunkamura ザ・ミュージアム

ニューヨークが生んだ伝説の写真家 永遠のソール・ライター

2017年、Bunkamura ザ・ミュージアムで日本初の回顧展を開催し、大きな話題を呼んだ写真家ソール・ライター(1923-2013)。 1950年代からファッション・フォトグラファーとしてニューヨークの第一線で活躍し、1980年代に商業写真から退いた後、世間から突如姿を消しました。ほとんど知られていなかった写真家の展覧会がこれほどの反響を巻き起こした背景には、画家として出発し、天性の色彩感覚によって「カラー写真のパイオニア」と呼ばれた個性と才能がありました。約8万点のカラー写真をはじめとする作品の大半を整理することなく世を去った写真家の「発掘作業」は、今もなお現在進行形で続けられています。 本展では、ニューヨークの膨大なアーカイブから、世界初公開作品を含むモノクロ・カラー写真、カラースライド等の作品や、豊富な作品資料を選出。今回は新たにデジタル技術を駆使して、ソール・ライターの知られざる一面と更なる魅力をご紹介します。

ソール・ライター 《帽子》 1960年頃、発色現像方式印画
ⒸSaul Leiter Foundation

 

展覧会公式サイト

お問い合わせ 03-5777-8600(ハローダイヤル)

会期 2020年1月9日(木) ~ 3月8日(日)
会場 Bunkamura ザ・ミュージアム
開館時間 10:00-18:00(入館は17:30まで)
毎週金・土曜日は21:00まで(入館は20:30まで)
休館日 1/21(火)・2/18(火)
入館料 1,500円 (前売・団体 1,300円)
大学・高校生  1,000円(前売・団体 800円)
中学・小学生   700円 (前売・団体 500円)
◎団体は20名様以上。公式サイトからお申込みフォームをご利用ください。
◎学生券をお求めの場合は、学生証のご提示をお願いいたします。(小学生は除く)
◎障がい者手帳のご提示で割引料金あり。詳細は窓口でお尋ねください。
アクセス
・JR 渋谷駅 ハチ公口 徒歩7分
・東京メトロ銀座線 渋谷駅 徒歩7分
・京王井の頭線 渋谷駅 徒歩7分
・東急東横線・田園都市線 A2出口 徒歩5分
・東京メトロ半蔵門線・副都心線 渋谷駅 A2出口 徒歩5分