• TOP
  • 記事
  • 京都の美術 250年の夢 第1部~第3部 総集編-江戸から現代へ-

京都の美術 250年の夢 第1部~第3部 総集編
-江戸から現代へ-

曾我蕭白《群仙図屏風》(右隻)1764年

文化庁蔵 重要文化財

◎後期 11月10日〜11月15日展示 

Soga Shohaku Immortals, 1764

Collection of Agency for Cultural Affairs, Important Cultural Property

On exhibit from Nov. 10 to Nov 15

京都市京セラ美術館

京都の美術 250年の夢 第1部~第3部 総集編 -江戸から現代へ-

日本文化の伝統と創造の中心地である京都が誇る美術の歴史。江戸から明治、昭和、そして現代まで約250年間の京都の美術を彩った名品を、かつてない規模で全国から集めて、総合的に紹介します。千年を超えて人々の営みが途絶えることのなかった、世界でも類のない都市・京都では、先人たちが幾多の危機を粘り強く、しなやかに乗り越え、まち・文化を発展させてきました。「コロナ」の時代に開館する美術館として、様々な困難を乗り越えて、これからも「京都の美術」を継承・発展、また未来を展望できる展覧会として開催します。

曾我蕭白《群仙図屏風》(左隻)1764年

文化庁蔵 重要文化財

◎後期 11月10日〜11月15日展示 

 

Soga Shohaku Immortals, 1764

Collection of Agency for Cultural Affairs, Important Cultural Property

On exhibit from Nov. 10 to Nov 15

土田麦僊《大原女》1927年

京都国立近代美術館蔵

通期展示

 

Tsuchida Bakusen, Oharame (Woman Peddlers from Ohara), 1927

Collection of the National Museum of Modern Art, Kyoto

 

 

■ 京都市京セラ美術館公式サイト

会期 2020年10月10日~12月6日
会場 京都市京セラ美術館 本館北回廊1階、本館北回廊2階
開館時間 10:00~18:00
休館日 月曜日
※祝日の場合は開館
観覧料 一 般:1600円 (1400円)
大学・高校生:1200円 (1000円)
中学生以下:無料

※()内は20名以上の団体料金。
※京都市内に在住・通学の高校生は無料(確認できるものをご持参ください)。
※障害者手帳等を提示の方は本人及び介護者1名無料。
アクセス
・地下鉄東西線「東山駅」徒歩8分
・京阪電鉄「三条駅」徒歩16分