寄贈記念 熊谷守一展

熊谷守一《百日草》1961 年 岐阜県美術館蔵

岐阜県美術館

現在の中津川市付知町に生まれた熊谷守一(1880-1977)は、郷土ゆかりの洋画家であると同時に、日本を代表する洋画家です。
葉書4枚ほどの小さな板の上に、身近な自然や生き物たちの姿を特徴ある赤い輪郭線と簡明な色面で表現した画家として知られています。70歳を過ぎた頃から描かれるようになるそうした画風とあいまって、著書『へたも絵のうち』や『蒼蠅』で知られる脱俗した生き方は、今もなお多くの美術ファンを魅了し続けています。
熊谷守一のものの見方、携わり方には、各々の土地とそこで出会った人々との関わりが深く、また熊谷守一自身、家族との死別という経験を重ねながら、自分が描くものとは何かを求めた画家でした。
回顧展を開催して以来、数度にわたり紹介してきましたが、今回のコレクションによる小企画では、岐阜を代表する洋画家 熊谷守一の生誕140 年を記念して、近年遺族や生前から関わりの深い関係者よりご寄贈いただいた作品・資料を中心に紹介します。

熊谷守一《後向裸婦》1950 年 岐阜県美術館蔵

熊谷守一《松並木》1956 年 岐阜県美術館蔵

熊谷守一《萬の像》1950 年 岐阜県美術館蔵

 

■ 岐阜県美術館公式サイト

会期 2020年9月8日(火)~2020年12月20日(日)
会場 岐阜県美術館 展示室 1c、d
開館時間 10:00〜18:00
(展示室の入場は17:30まで)
休館日 月曜日(月曜日が祝日の場合はその翌平日)
観覧料 一般 340 円(280 円)、大学生 220 円(160 円)、高校生以下無料
※( )内は20名以上の団体料金
※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、難病に関する医療受給者証の交付を受けている方およびその付き添いの方(1名まで)は無料
※11月3日(火・祝)は無料開館日
アクセス
■ JR東海道線
JR「西岐阜駅」下車 → 徒歩で15分
JR「岐阜駅」下車 → タクシーまたは岐阜バス
■ 名鉄
名鉄「岐阜駅」下車 → タクシーまたは岐阜バス
■ 岐阜バス
大人:220円/小学生:110円
(鏡島市橋線)JR岐阜駅前(6番乗場)または、名鉄岐阜駅前(1番乗場) → 「県美術館」下車(約15分)
■ 岐阜市コミュニティバス
・西ぎふ・くるくるバス
大人:100円/小学生:50円
「西岐阜駅南口」乗車(約5分) → 「県図書館・美術館」下車 1日7便(復路約30分)
■ すまいるバス(三里・本荘地区循環)
大人:100円/小学生:50円
「県図書館・美術館」下車 1日8便