• TOP
  • 記事
  • 名作のつくりかた 横山大観、菱田春草、中村彝 ……

名作のつくりかた 横山大観、菱田春草、中村彝 ……

中村彝「静物」 大正8年(1919年) 油彩、板 茨城県近代美術館蔵

茨城県近代美術館

名作のつくりかた 横山大観、菱田春草、中村彝 ……

茨城県近代美術館(茨城県水戸市千波町東久保666-1)にて、企画展「名作のつくりかた」を2020年7月11日(土)より2020年9月22日(火・祝)まで開催いたします。名作はいかにして名作になったのか――。茨城県近代美術館の所蔵作品の中でも特に人気の高い作品を中心に、素材や技法構図などに着目し、様々な資料を紐解きながら作家が作品をどのように構想し完成へと導いたのか、制作の裏側を探ります。作家の構想を探ることで作品のさらなる魅力に触れることのできる展覧会です。

中村彝(1887-1924)や中西利雄(1900-1948)、浦田正夫(1910-1997)などの作品については、完成作とスケッチや下絵を比較することで、あるいは作品に描かれたモチーフに注目して画家が遺した家具などと比較することで、作家の意図を読み解きます。

さらには、中村義孝(1954年生まれ)や間島秀徳(1960年生まれ)など、素材の特性を見つめ直し現在、独自の表現を試みている作家の制作方法については、作品とあわせて写真や映像によりくわしく紹介します。

そのほか、横山大観(1868-1958)《流燈》や菱田春草(1874-1911)《落葉》など当館を代表する所蔵作品の見所をくわしくご紹介することで名作に親しんでいただく機会といたします。

浦田正夫「砂丘」 昭和46年(1971年)  
紙本彩色 茨城県近代美術館蔵

横山大観「流燈」 明治42年(1909年)  
絹本彩色 茨城県近代美術館蔵 
※8月16日(日)まで展示

菱田春草「落葉」 明治42年(1909年)  
絹本彩色 茨城県近代美術館蔵 
※8月18日(火)から展示

■ 茨城県近代美術館公式サイト

会期 2020年07月11日(土)〜2020年09月22日(火・祝)
※8月17日(月)に一部展示替えを行います。
会場 茨城県近代美術館
開館時間 09:30〜17:00(最終入場時間 16:30)
休館日 月曜日
※ただし、8月10日(月・祝)、9月21日(月・祝)は開館。8月11日(火)は休館
入場料 一般 730円(610円)
満70歳以上 360円(300円)
高大生 490円(370円)
小中生 240円(180円)
※( )内は20 名以上の団体料金
※夏休み期間を除く土曜日は高校生以下無料
※障害者手帳・指定難病特定医療費受給者証等をご持参の方は無料
※9月15日(火)~21日(月・祝)は満70才以上の方は入場無料
アクセス
・JR 「水戸駅」南口から徒歩約20分
・JR 「水戸駅」北口8番のりばから「払沢方面、または本郷方面」行きのバスに乗車し、「文化センター入口」にて下車約5分。
(平日のみ)南口2番のりばから「払沢方面、または本郷方面」行きのバスに乗車し、
「文化センター入口」にて下車約5分。(運賃170円)