• TOP
  • 記事
  • 生誕260年記念企画 特別展「北斎づくし」

生誕260年記念企画 特別展「北斎づくし」

葛飾北斎 「冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏」

山口県立萩美術館・浦上記念館蔵(浦上コレクション)

 

東京ミッドタウン・ホール

生誕260年記念企画 特別展「北斎づくし」

20歳で浮世絵師としてデビューしてから90歳で没するまでの70年間、常に挑戦を続けて森羅万象を描き抜こうとした画狂の絵師・葛飾北斎(1760-1849)。その生誕260年を記念し、代表作である『北斎漫画』、「冨嶽三十六景」、『富嶽百景』の全頁(ページ)・全点・全図が一堂に会する前代未聞の特別展です

今回の展示では、北斎をリスペクトする豪華メンバーが集結。世界一の北斎漫画コレクターである浦上満氏の全面協力により、『北斎漫画(初編~15編)』全883頁、「冨嶽三十六景」全46点、『富嶽百景(初編~3編)』全102図を通期で展示するという前代未聞の試みに挑戦。さらに、2014年にグランパレ(仏・パリ)の「北斎展」会場デザインを手掛け、国際的な注目を集める建築家の田根剛氏、『北斎漫画』(青幻舎、2011年)の装丁も手掛けた鬼才アートディレクター・ブックデザイナーの祖父江慎氏らが展示空間を構築。その空間に『BRUTUS』の日本美術特集など、日本美術を主な領域とするライター・エディターの橋本麻里氏による編集、高精度な文化財デジタルアーカイブを得意とする凸版印刷の表現技術が加わり、世界で最も有名な日本の絵師・北斎が持つ過剰なほど多彩な側面のすべてと出会える、「北斎づくし」の空間にご期待ください。

葛飾北斎 『北斎漫画』十編 浦上満氏蔵

 

葛飾北斎 『富嶽百景』二編 浦上満氏蔵

 

建築家・田根剛氏によるデジタル展示プラン (イメージは構想段階のものです)

 

 

■ 公式サイトはこちら

 

会期 2021年7月22日(木.祝)〜9月17日(金)
会場 東京ミッドタウン・ホール [東京ミッドタウン B1]
開館時間 11:00〜19:00(最終入場18:30)
休館日 8月10日(火)、8月24日(火)、9月7日(火)
観覧料 大人:1,800円
大学生・専門学校生:1,200円
高校生・小中学生:900円
小学生未満、または障がい者手帳をお持ちの方とその介助者1名様 無料
アクセス
・都営大江戸線:「六本木駅」8番出口より直結
・東京メトロ日比谷線:「六本木駅」より地下通路にて直結
・東京メトロ千代田線:「乃木坂駅」3番出口より徒歩約3分
・東京メトロ南北線:「六本木一丁目駅」1番出口より徒歩約10分