• TOP
  • 記事
  • あじびde初詣2021~アジアの神さま大集合!

あじびde初詣2021~アジアの神さま大集合!

本展では、新しい年を祝して、またコロナウィルスの退散を祈願して、福岡アジア美術館の所蔵作品の中に描かれた、アジアのさまざまな神さま仏さまに集まってもらいました! アジアにはさまざまな宗教があり、たくさんの神さまや仏さまが信仰されています。ここでは、「ヒンドゥー教の神さま」、「仏教の仏さま」、「さまざまな神さまと聖獣」と、大きく3つのコーナーに分け、54点の作品をご紹介いたします。 神さまたちには、それぞれ役割や性格があり、持ちものや乗りもの、一緒に描かれる神さまなどが決まっていますが、同じ神さまでも国・地域によって描かれ方がかわることもあります。パネルの説明をみながらお気に入りの神さまをみつけてみてください。 出品作品をもちいたオリジナルのすごろくもありますので、ぜひ遊んでみてください!

福岡アジア美術館

あじびde初詣2021~アジアの神さま大集合!

ハリアディ・スアディ(インドネシア)《聖獣ブラーク》1986年

ウザエ・バジュラチャリヤ(ネパール)《ハリハリハリヴァーハナ観音》2008年

展示風景

■ 公式サイトはこちら

 

会期 2021年1月2日 (土) 〜 2021年4月13日 (火)
会場 アジアギャラリー
開館時間 9:30〜 18:00(金曜・土曜は20:00まで)
※ギャラリー入室は閉室30分前まで
休館日 毎週水曜日(水曜が休日の場合はその翌平日)
年末・年始(12月26日〜1月1日)
閲覧料 一般200円(150円) 高校・大学生150円(100円) 中学生以下無料
アクセス
・地下鉄中洲川端駅下車、6番出口より徒歩すぐ
・西鉄バス川端町・博多座前バス停下車、徒歩すぐ