• TOP
  • 記事
  • ハマスホイとデンマーク絵画

ハマスホイとデンマーク絵画

ヴィルヘルム・ハマスホイ

ヴィルヘルム・ハマスホイ《室内》1898年 スウェーデン国立美術館蔵

Nationalmuseum, Stockholm / Photo: Nationalmuseum

東京都美術館

ハマスホイとデンマーク絵画

身近な人物の肖像、風景、そして静まりかえった室内――限られた主題を黙々と描いたデンマークを代表する画家ヴィルヘルム・ハマスホイ(1864-1916)。17世紀のオランダ絵画に影響を受け、静謐な室内表現を特徴とすることから“北欧のフェルメール”とも評される画家は、1990年代以降、パリのオルセー美術館やニューヨークのグッゲンハイム美術館などで次々と回顧展が開催され、再び脚光を浴びています。日本でも2008年に展覧会が開かれ、国内の美術ファンに強い印象を残しました。
そのハマスホイをはじめ、デンマーク近代絵画の精華を日本で初めて本格的に紹介する展覧会となります。デンマークが生んだ珠玉の絵画の数々をご堪能ください。

ヴィルヘルム・ハマスホイ《農場の家屋、レスネス》1900年 
デーヴィズ・コレクション蔵
The David Collection, Copenhagen

 

展覧会公式サイト

会期 2020年1月21日(火)~3月26日(木)
会場 東京都美術館 企画展示室
開室時間 9:30~17:30(入室は閉室の30分前まで)
※金曜日、2月19日(水)、3月18日(水)は9:30~20:00
(入室は閉室の30分前まで)
休館日 月曜日、2月25日(火)
※ただし、2月24日(月・休)、3月23日(月)は開室
アクセス
・JR上野駅 公園口 徒歩7分
・東京メトロ銀座線・日比谷線上野駅 7番出口 徒歩10分
・京成電鉄京成上野駅 徒歩10分