イタリアの彫刻家ジャコモ・マンズーの充実したコレクションを中心に様々な内容の企画展を開催。

東京造形大学附属美術館

東京造形大学附属美術館は東京造形大学のキャンパス内にあり、現代具象派を代表するイタリアの彫刻家ジャコモ・マンズーの作品を多数収蔵し、東京造形大学の教育・研究活動の紹介を中心に、美術やデザインなど様々な内容の企画展を開催しています。また学外でも学生やアーティストが講師となるワークショップを主催していています。分館にあたる「ZOKEIギャラリー」、「CSギャラリー」では大学院生や教員の作品発表を行っています。建築家白井晟一が設計原案の個性的な建物の美術館です。

所在地 東京都八王子市宇津貫町1556番地
開館時間 10:00~16:30(入館は閉館の30分前まで)
休館日 日曜・祝日
アクセス
・JR横浜線「相原駅」徒歩15分
※ 美術館へお越しの方は、スクールバスをご利用下さい。(相原駅から5分)

公式サイトへ Loadingお気に入り クチコミを書く