近代日本と海外の工芸・デザイン作品を3000点以上収集。国内随一のコレクション。

東京国立近代美術館 工芸館

公園

工芸館では、明治以降今日までの日本と外国の工芸及びデザイン作品を収集しています。収集は特に多様な展開を見せた戦後の作品に重点がおかれていますが、なかでも、人間国宝の工芸作家の作品については、極めて充実した内容といえます。陶磁、ガラス、漆工、木工、竹工、染織、人形、金工、工業デザイン、グラフィックデザインなどの各分野にわたって、総数約3,860点(平成31年3月31日現在)を収蔵しています。

近代の工芸及びデザイン全般にわたって、幅広く収集を行っている美術館は国内でも珍しく、その内容においても、国内随一のコレクションといえるでしょう。

※工芸館建物:重要文化財(建造物)旧近衛師団司令部庁舎

所在地 東京都千代田区北の丸公園1-1
開館時間 10:00-17:00(入場は 16:30 まで)
休館日 月曜日(祝日の場合は開館)、展示替期間、年末年始
お知らせ 2020年に石川県へ移転予定。
アクセス
■東京メトロ東西線 竹橋駅 1b出口 徒歩8分
■東京メトロ半蔵門線・西線 九段下駅 2番出口 徒歩12分
■都営新宿線 九段下駅 2番出口 徒歩12分

公式サイトへ Loadingお気に入り クチコミを書く